人工透析の方が障害厚生年金2級受給+4年間遡及されたケース

慢性腎不全の為、人工透析療法を受けている方が、障害厚生年金2級に認められ、4年間分の遡及も行われたケース

【相談者】

大分市内在住の40代男性

【傷病名】

慢性腎不全(人工透析療法)

【相談者の状況】

ご本人様のからお電話でご相談を受け、後日無料ご相談会にご参加いただいた。所長の堀がお話を伺ったところ、現在も普通に働いてはいるが、職場の配慮のもと、約4年前から人工透析療法を行っているとのことであった。人工透析で障害年金が受給できると聞いて、当所へ相談に来られた。

【大分障害年金相談センターの対応】

慢性腎不全による人工透析療法については、初診日から1年半以内に人工透析療法を開始した場合は、人工透析療法開始から3ヶ月が経過した日が障害認定日となる。
初診日は県外の病院とのことで、人工透析療法開始は、ご本人様から聞いた初診日から1年半以上経過していたので、「遡りの認定日請求はできない。」と考えていた。
しかし、その病院で受診状況等証明書を作成してもらったところ、こちらが初診日だと思っていた年月日は、高血圧のもので、慢性腎不全の初診日は人工透析療法を開始した日から遡って1年半以内であることが判明。急遽、病院に受診状況等証明書を少し訂正してもらい、遡りの認定日請求に切り替えることにした。
現在の診断書を病院に作ってもらった上で、ご本人様とヒヤリングを行い、病歴・就労状況等申立書を作成し、年金事務所に書類を提出した。

【結果】

無事に、障害厚生年金2級に認定され、約4年間の遡り請求も認められた。ご本人様も当初は遡れるとは思っていなかったので、一時金で500万円以上の受給ができ、とても喜ばれていた。途中で、遡りの認定日請求が可能なことに気づいたことが功を奏した。

 


人工透析療法は原則2級です。そのため、「人工透析療法での障害年金請求は簡単だ。」と考えられる方がいらっしゃいますが、決してそうではありません。
人工透析療法で障害年金を請求される方の大半は、初診日が5~15年前です。そうなると、カルテの廃棄や病院自体が廃院しているなどの理由で、初診日の証明をするのが、かなり難しくなります。
そのような方は、人工透析療法での障害年金請求において、多くの受給実績がある大分障害年金相談センターに是非ご相談ください!

 


  • 無料相談予約受付中!

    • 障害年金について知りたい
    • 障害年金を受給したい
    • 障害年金の申請をしたい

    詳しくはこちらをクリック

  • 着手金0円 障害年金申請サポート

    お申し込みはこちらをクリック

  • 受付中!障害年金無料相談

    TEL:097-594-5505 受付時間 平日 9:00-18:00 土曜日も対応可能

  • TOPへ戻る

    ご相談
    料金
    アクセス
    受給判定