MENU

慢性腎不全(人工透析療法)で障害厚生年金2級を決定した事例

傷病名 結果 経路
慢性腎不全(人工透析療法) 障害厚生年金2級 ホームページ

慢性腎不全で長く治療中であったが、徐々に悪化。最終的に、とうとう人工透析療法(腹膜透析)に踏み切るしかなくなった。ただ、人工透析療法(腹膜透析)で障害年金が請求できると知らず数ヶ月ほど放置していた。そこへ知人から障害年金の話を聞き、可能性があると思い、専門家(当センター)に相談した。自分は正社員として勤務しており、障害年金の請求をする余裕はなく、代わりに準備してくれる家族もいなかった。初診日が古い時期でカルテがなく、当該医療機関で受診状況等証明書は作れなかったが、その次の医療機関で紹介状(診療情報提供書)が保管され、それに初診日は載っていた。初診日の証明はクリアできそうだったので、後は診断書と病歴・就労状況等申立書を用意して申請した。結果として、障害厚生年金2級に認定された。自分で申請する場合と比べて、大きく負担が軽減され、喜んでいた。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「腎疾患」の記事一覧