MENU

男性 一覧

中等度知的障害で障害基礎年金2級を決定した事例

相談者の状況 請求者に関わっている相談支援専門員からの紹介でした。 障害者雇用ではあるが社会保険に加入している請求者で、相談に乗って欲しいということでした。 【大分障害年金アシストネットの対応】 就労中のことは請求者だけの聞き取りでは不十分と思いました。 そこで、相談支援専門員を介して、担当カウンセラーやジョブコーチにもお話を聞きました。 労働能力の制限(困りごと)を洗い出し、日常 続きを読む

脳梗塞後遺症で障害厚生年金2級を決定した事例

相談者の状況 請求者は脳梗塞を起こして半身不随の後遺症に苦しんでおりました。 初診日は65歳よりも前であったが、請求を考えた現在はもうすでに65歳を超えていました。 奥様が当事務所に相談に来た段階では、まだ障害年金が請求できるか半信半疑の状態であったが、申請は可能ということで、当事務所に代行を依頼されました。 家族で自営業をしているので、自分で障害年金の手続きの準備に動こうにも限界があ 続きを読む

直腸癌再発で障害厚生年金3級を決定した事例

相談者の状況 ホームページからのご相談でした。数年前に直腸癌と診断され、昨年に再発。 また、転移して腫瘍が骨に達し、足の痛みや筋力の低下が目立つようになり、歩行障害も出てきたとのことでした。 ただ、主治医からは「障害年金の認定は厳しいと思う。」と言われておりました。 【大分障害年金アシストネットの対応】 そこで、当事務所では主治医に障害年金の概要や請求者の実情を説明し、 その上で、 続きを読む

肺腺癌、癌性心膜炎、癌性胸膜炎で障害厚生年金3級(事後重症請求)を決定した事例

【相談者の状況】 数年前に申請を頂いた女性の、旦那様からのご相談でした。 その当時から、旦那様が癌になったことは聞いていましたが、 当時はまだ初診日から1年半を経過していなかったので、とりあえず様子見ということになっておりました。 その後、初診日から2年くらいが経過した後に、がんの容態が急激に悪化し、 抗がん剤治療を数ヶ月単位で受けておられました。 抗がん剤治療に加え、胸水が溜まり 続きを読む

頚椎後縦靭帯骨化症で障害厚生年金2級を決定した事例

傷病名 結果 経路 胸椎後縦靭帯骨化症、頚椎後縦靭帯骨化症 障害厚生年金2級 ホームページ もともと自分で数年前に申請して、障害厚生年金3級を受給中であった。額の改定請求をしてみたところ、却下されたことがキッカケで、当事務所に相談してみることにした。事情を聞いた上で、審査請求をして、数ヶ月後に(審査請求の却下の)決定書が届き、それを読み込み、今後の方向性 続きを読む

左手機能全廃で障害基礎年金

傷病名 結果 経路 左手機能全廃 障害基礎年金2級 ホームページ 高校時代のバイク事故で左手を負傷。左手の機能は、その事故で全廃となった。片腕しか使えなくなって、まともに仕事はできず、職を転々とした。障害年金のことは知っていはいたが、明確な傷病名がなく、それでは申請は不可能と思っていた。当事務所は「傷病名はあまり重要ではない。あくまでも、診断書の中身(程 続きを読む

慢性腎不全(人工透析療法)で障害厚生年金2級を決定した事例

傷病名 結果 経路 慢性腎不全(人工透析療法) 障害厚生年金2級 ホームページ 慢性腎不全で長く治療中であったが、徐々に悪化。最終的に、とうとう人工透析療法(腹膜透析)に踏み切るしかなくなった。ただ、人工透析療法(腹膜透析)で障害年金が請求できると知らず数ヶ月ほど放置していた。そこへ知人から障害年金の話を聞き、可能性があると思い、専門家(当事務所)に相談 続きを読む

脳性麻痺で障害基礎年金2級(20歳前)を決定した事例

傷病名 結果 経路 脳性麻痺 障害基礎年金2級(20歳前) 紹介 請求者本人からの相談。障害者雇用で就労している。その職場に当事務所のサポートで障害年金を受給できるようになった同僚がいたので、その人からうちを紹介されたとのこと。障害者雇用で働けているといっても、かなり保護的な環境下での就労であった。長年請求者を診察している主治医の協力もあり、請求者の実態 続きを読む

発達障害で障害厚生年金3級を決定した事例

傷病名 結果 経路 発達障害 障害厚生年金3級 ホームページ 配偶者からの相談であった。休職と復職を繰り返して、傷病手当金の受給も終了していた。(親の介護で時間的な制約がある中で)自分のパートの収入だけでは経済的に厳しいということで、障害年金の相談に来られた。主治医とのコミュニケーション不足もあり、診断書は請求者の実態よりも明らかに軽く書かれていた。そこ 続きを読む

二分脊椎、知的障害、発達障害で障害基礎年金2級(20歳前)を決定した事例

傷病名 結果 経路 二分脊椎、知的障害、発達障害 障害基礎年金2級(20歳前) ホームページ 母親からの相談であった。運動障害(下肢の麻痺や歩行障害)、感覚障害、膀胱直腸障害があり、普通に就労するのは困難な状態。知的障害や発達障害もあり、精神科へも受診していた。神経内科と精神科の両方で診断書を作成してもらい、それぞれの病歴・就労状況等申立書を作成した。総 続きを読む

フリーワード検索

病名で検索

クイックタグから受給事例を探す