MENU

二分脊椎、知的障害、発達障害で障害基礎年金2級(20歳前)を決定した事例

傷病名 結果 経路
二分脊椎、知的障害、発達障害 障害基礎年金2級(20歳前) ホームページ

母親からの相談であった。運動障害(下肢の麻痺や歩行障害)、感覚障害、膀胱直腸障害があり、普通に就労するのは困難な状態。知的障害や発達障害もあり、精神科へも受診していた。神経内科と精神科の両方で診断書を作成してもらい、それぞれの病歴・就労状況等申立書を作成した。総合的な判断により、2級という結果が出た。母子家庭で、パートをしながらの申請準備は厳しいと思っていたので、全体的な手間や精神的な負担が軽減され、大変喜ばれた。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す