MENU

うつ病(自称 アスペルガー症候群)

相談者

病名:広汎性発達障害、アスペルガー症候群疑い
結果:国民年金障害基礎年金2級を受給する事ができました。
本人の感想:
本症状で補助金を受け取れるケースは少ないため、
非常に助かったとおっしゃっておりました。
生活の支えになっているそうです。

【相談者の状況】

小さいころから、人付き合いが苦手で友達も少ないほうでした。

英語だけは堪能でしたので、短大卒業後就職しました。
しかし、単純ミスが多発し解雇。以降転職を繰り返していました。

既婚後、地元を離れてなれない土地での生活でストレスが溜まり、
毎日寂しく過ごされていました。

【症状】

独り言や不眠・うつ病と思われる症状が増え、
15年前から薬を服用していたが、病状は改善されていませんでした。

知人の紹介で、成人アスペルガー症候群の資料をもらい、
自分と症状が類似していたため、改めて専門医に診断を仰ぎました。

診断の結果、うつ病成人アスペルガー症候群の疑いがある症状であることがわかりました。

【相談センターの対応】

診断書では、人格障害とかかれており、
自分勝手・自由奔放で、自分の思ったことを率直に仰るので、
対応に苦慮することもありました。

突然、泣き出したり叫び声をあげるなどの異常行動もあり、
「ばか、ブス・・・」といった独り言を発することが多く、
全般的に人間関係を気づけないようでした。

当センターでは、お客様の気持ちをリラックスさせながら、
お客様のペースにあわせて、必要なことをしっかりとヒアリングを行いました。

その結果、無事に受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」の記事一覧