MENU

軽度精神発達遅滞、アスペルガー障害で障害基礎年金2級を決定した事例

傷病名 結果 経路
軽度精神発達遅滞、アスペルガー障害 障害基礎年金2級(遡りの認定日請求) ホームページ

高校まで普通学級で過ごしたものの、就職をしたが、仕事の覚えが悪く、定職には就けなかった。また、他人との付き合い方が苦手で、いつも人間関係で悩んでいた。20歳過ぎてから、知能テスト等を受け、軽度精神発達遅滞とアスペルガー障害と診断された。そこで、専門家(当センター)に相談となった。夫と共に面談に来られた。自分たちでは申請は不可能だと考え、全体的なサポートを依頼された。精神の障害に関する通院は、同一の医療機関を受診していたので、現在のだけでなく、20歳(障害認定日)の時点での診断書も同時に作成した。無事に遡りが認定され、一時金として400万円を受け取った。ご本人様たちは当初は遡りのことは頭になく、実際に一時金が入金されて、大変喜ばれた。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」の記事一覧