MENU

20代 一覧

中等度知的障害で障害基礎年金2級を決定した事例

相談者の状況 請求者に関わっている相談支援専門員からの紹介でした。 障害者雇用ではあるが社会保険に加入している請求者で、相談に乗って欲しいということでした。 【大分障害年金アシストネットの対応】 就労中のことは請求者だけの聞き取りでは不十分と思いました。 そこで、相談支援専門員を介して、担当カウンセラーやジョブコーチにもお話を聞きました。 労働能力の制限(困りごと)を洗い出し、日常 続きを読む

軽度精神発達遅滞、アスペルガー障害で障害基礎年金2級を決定した事例

傷病名 結果 経路 軽度精神発達遅滞、アスペルガー障害 障害基礎年金2級(遡りの認定日請求) ホームページ 高校まで普通学級で過ごしたものの、就職をしたが、仕事の覚えが悪く、定職には就けなかった。また、他人との付き合い方が苦手で、いつも人間関係で悩んでいた。20歳過ぎてから、知能テスト等を受け、軽度精神発達遅滞とアスペルガー障害と診断された。そこで、専門 続きを読む

二分脊椎、知的障害、発達障害で障害基礎年金2級(20歳前)を決定した事例

傷病名 結果 経路 二分脊椎、知的障害、発達障害 障害基礎年金2級(20歳前) ホームページ 母親からの相談であった。運動障害(下肢の麻痺や歩行障害)、感覚障害、膀胱直腸障害があり、普通に就労するのは困難な状態。知的障害や発達障害もあり、精神科へも受診していた。神経内科と精神科の両方で診断書を作成してもらい、それぞれの病歴・就労状況等申立書を作成した。総 続きを読む

広汎性発達障害で障害厚生年金3級(事後重症請求)を決定した事例 

傷病名 結果 経路 広汎性発達障害 障害厚生年金3級(事後重症請求) ホームページ ホームページ経由で相談に来た。現在も働いてはいるが休職と復職を繰り返しているとのこと。際どいケースではあったが、病歴・就労状況等申立書で仕事上での困りごとを細かく記載。結果的には、3級になった。金銭的な余裕が少しできたことで、気持ちが晴れやかになり、仕事へのモチベーション 続きを読む

両側錐体杆体ジストロフィーで障害基礎年金2級(事後重症請求)を決定した事例

傷病名 結果 経路 両側錐体杆体ジストロフィー 障害基礎年金2級(事後重症請求) ホームページ ホームページ経由で相談に来た。学生時代に発症し、卒業後の現在でもほとんど就労はできていない。視野が狭く、まともに一人で外を歩けない。結果的には、2級になった。金銭的な余裕が少しできたことで、求職活動にも具体的な道筋ができたと喜んでいた。 続きを読む

自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級(認定日)を決定した事例

傷病名 結果 経路 自閉症スペクトラム障害 障害基礎年金2級(認定日) 紹介(以前うちが申請した人から 以前うちで障害年金を請求した人が子供のことで相談に来た。母親が主体となり息子の障害年金を請求したが、不支給になったとのこと。診断書の中身に少し実態と解離があったので、当事務所と主治医で相談して、(主治医が)再度本人と母親に聞き取りをした上で診断書を作成 続きを読む

軽度精神発達遅滞で障害基礎年金2級(認定日)を決定した事例 

傷病名 結果 経路 軽度精神発達遅滞 障害基礎年金2級(認定日) 紹介(付き合いのある相談支援専門員から) 付き合いのある相談支援専門員の個人的な知人(請求者の母親)ということで相談に来た。母親が主体となり娘の障害年金を請求したが、不支給になったとのこと。診断書に問題は無かったが、病歴・就労状況等申立書が明らかに不十分であったので、診断書は内容はほぼ何も 続きを読む

注意欠如多動性障害(ADHD)で障害基礎年金2級(5年遡及)を決定した事例

【相談者の状況】 別府市内在住の20代の方 ご本人様のお母様からまずお電話でご相談を受け、後日無料ご相談会にご参加いただきました。 【症状】 最初のお電話から数日後に、ご本人様とお母様が事務所に来所され、所長の堀がお話を伺ったところ、幼少の頃から他の子どもがしないような変わった行動が多々見られたとのこと。 「計算ミスが多い。」「漢字が記憶できない。」「時間の感覚がルーズで、時間厳 続きを読む

摂食障害で障害基礎年金2級が認められたケース

【相談者の状況】 大分市在住の20代女性 ご本人様のお母様からお電話でご相談を受け、後日お母様が当事務所に来所された。お子様が高校生の頃から摂食障害と診断され、精神科に通院中とのことであった。病院を転々としていて、2~3人の医師からはうつ病の疑いも指摘されていたものの、現在の主治医はあくまで摂食障害と診断していた。障害年金のことを病院のソーシャルワーカーから聞いたものの、同時に「摂食障害で 続きを読む

統合失調症で障害厚生年金3級に認定されたケース

【相談者の状況】 大分市在住の20代女性 ご本人様からお電話でご相談を受け、所長の堀が対応。話を伺うと、数年前から幻視や幻聴が出現し、将来に対する強い不安感から希死念慮を抱くようになり、統合失調症と診断されているとのこと。何とか仕事は続けているが、それも限界に近いと憔悴した様子であった。 ちょうどお電話を頂いた数週間前に初診日から1年6ヶ月経過して障害認定日が到来していたので、受任す 続きを読む

フリーワード検索

病名で検索

クイックタグから受給事例を探す