MENU

統合失調症で障害基礎年金2級を決定した事例

傷病名 結果 経路
統合失調症 障害基礎年金2級 紹介

相談支援専門員からの紹介。10代の頃から統合失調症を患い、治療を続けている女性であった。以前から障害年金の制度のことは知っていたが、父親が制度について誤解をしており、そのせいであえて障害年金を請求していなかった。そこで、日本の年金制度を簡単に説明し、障害年金を請求しても何も問題はないことを理解してもらい、正式に契約した。20歳の頃に受診していた医療機関が閉院しており、診断書は作れなかったので遡ることはできなかったが、事後重症請求として無事に認定された。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神疾患」の記事一覧