MENU

両足指切断で障害基礎年金2級に認定されたケース

【相談者の状況】

ご本人様からお電話でご相談を受け、後日無料ご相談会にご参加いただいた。まだ生まれて1年にもならないくらいの頃に事故が原因で両足指を切断した。物心ついた時点で両足指は無かったので、不便なことは本当に多かったが、普通の人と同じように就職・結婚・出産もできた。60歳になって、たまたま障害年金の存在を知り、「普通に生活してきたが、もしかしたら、自分も該当するのではないか。」と思って、相談だけでもしてみたいという気持ちで来所された。

【相談センターの対応】

両手指切断での申請経験は無かったものの、障害年金の認定基準で障害等級2級に該当する可能性は高いと考え、受任。

しかし、60年前のことで初診の病院の名前すらも分からなかったが、初診日に関する第三者の証言を取ることを提案し、相談者の小学校の同級生2人に協力してもらった。

そして、期間にして60年分の病歴・就労状況等申立書を作成。日本年金機構に書類を提出した。

【病名】

両足指切断

【結果】

無事に、障害基礎年金2級に認定された。「もっと早く障害年金のことを知って相談していれば良かった。」と少し残念そうにもしていたが、受給決定にはとても喜ばれていた。

 

 

「両足指切断で障害基礎年金2級に認定されたケース」の関連記事はこちら

お気軽にお問い合わせください
障害年金無料診断キャンペーン
お客様の声