MENU

左下腿骨巨細胞の再発(悪性骨巨細胞腫)で障害厚生年金2級(事後重症請求)を決定した事例

傷病名 結果 経路
左下腿骨巨細胞の再発(悪性骨巨細胞腫) 障害厚生年金2級(事後重症請求) 紹介

20数年前に手術を受けた傷病の再発により、歩行が困難になるほどの状態になった。職場の関係者を通じて、大分障害年金相談センターに相談。ご家族が手続きを代わりに進めていたので、それを引き継ぐ形でサポートを開始した。20数年前は国民年金であり、なおかつ、保険料が未納であった。再発当時は、厚生年金に加入しており、保険料納付要件を満たしていた。社会的治癒を強調して、書類を整備した。社会的治癒が認められ、障害厚生年金2級が受給できるようになった。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「がん」の記事一覧