MENU

多系統萎縮症で障害厚生年金2級(事後重症請求)を決定した事例

傷病名 結果 経路
多系統萎縮症 障害厚生年金2級(事後重症請求) 紹介

数年前から症状が出ていたが、複数の脳神経外科等を渡り歩いたが、正式な病名が分からず、ようやく大きい病院で精密検査をして、当該病名を診断された。その中で、知人から大分障害年金相談センターのことを聞いて相談に来た。仕事も続けられなくなり、経済的に困窮し始めていた。その状況も踏まえて、迅速かつ適切に手続を進め、早い時期に結果が届いた。請求者やご家族も、喜ばれていた。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「その他」の記事一覧