MENU

発達障害 一覧

気分変調症・注意欠陥多動性障害・自閉症スペクトラムで障害年金3級を決定した事例

相談者の状況 会社で働いていたが、 気分変調症、注意欠陥多動性障害、自閉症スペクトラム障害 といった持病の病状がよろしくなく、 数年前、意を決して主治医に障害年金の相談をしてみたところ、 「あなたの状態では受給の資格に該当しません。それに今も働いていますよね。 診断書のお金が無駄になりますよ。」 と言われてしまい、受給を諦めていました。 そのまま働き続けて数年経過したも 続きを読む

軽度精神発達遅滞、アスペルガー障害で障害基礎年金2級を決定した事例

傷病名 結果 経路 軽度精神発達遅滞、アスペルガー障害 障害基礎年金2級(遡りの認定日請求) ホームページ 高校まで普通学級で過ごしたものの、就職をしたが、仕事の覚えが悪く、定職には就けなかった。また、他人との付き合い方が苦手で、いつも人間関係で悩んでいた。20歳過ぎてから、知能テスト等を受け、軽度精神発達遅滞とアスペルガー障害と診断された。そこで、専門 続きを読む

発達障害で障害厚生年金3級を決定した事例

傷病名 結果 経路 発達障害 障害厚生年金3級 ホームページ 配偶者からの相談であった。休職と復職を繰り返して、傷病手当金の受給も終了していた。(親の介護で時間的な制約がある中で)自分のパートの収入だけでは経済的に厳しいということで、障害年金の相談に来られた。主治医とのコミュニケーション不足もあり、診断書は請求者の実態よりも明らかに軽く書かれていた。そこ 続きを読む

二分脊椎、知的障害、発達障害で障害基礎年金2級(20歳前)を決定した事例

傷病名 結果 経路 二分脊椎、知的障害、発達障害 障害基礎年金2級(20歳前) ホームページ 母親からの相談であった。運動障害(下肢の麻痺や歩行障害)、感覚障害、膀胱直腸障害があり、普通に就労するのは困難な状態。知的障害や発達障害もあり、精神科へも受診していた。神経内科と精神科の両方で診断書を作成してもらい、それぞれの病歴・就労状況等申立書を作成した。総 続きを読む

自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級(認定日)を決定した事例

傷病名 結果 経路 自閉症スペクトラム障害 障害基礎年金2級(認定日) 紹介(以前うちが申請した人から 以前うちで障害年金を請求した人が子供のことで相談に来た。母親が主体となり息子の障害年金を請求したが、不支給になったとのこと。診断書の中身に少し実態と解離があったので、当事務所と主治医で相談して、(主治医が)再度本人と母親に聞き取りをした上で診断書を作成 続きを読む

広汎性発達障害(成人アスペルガー症候群疑い)で障害厚生年金2級を決定した事例

【相談者の状況】 市内在住50代女性 ご本人様から電話でご相談があり、後日無料相談会にご参加いただきました。 相談当初から一貫してご本人様は「自分はうつ病ではなく、アスペルガーなんです。友人はほとんどいない。就職しても全て短期間で解雇された。病院で話してもアスペルガーだと理解してくれない医師が多い。」と話されていました。 子供の頃から社会性が欠如し、周りと上手くコミュニケーションが 続きを読む

注意欠如多動性障害(ADHD)で障害基礎年金2級(5年遡及)を決定した事例

【相談者の状況】 別府市内在住の20代の方 ご本人様のお母様からまずお電話でご相談を受け、後日無料ご相談会にご参加いただきました。 【症状】 最初のお電話から数日後に、ご本人様とお母様が事務所に来所され、所長の堀がお話を伺ったところ、幼少の頃から他の子どもがしないような変わった行動が多々見られたとのこと。 「計算ミスが多い。」「漢字が記憶できない。」「時間の感覚がルーズで、時間厳 続きを読む

フリーワード検索

病名で検索

クイックタグから受給事例を探す