MENU

精神疾患 一覧

うつ病(自称 アスペルガー症候群)

【相談者の状況】 小さいころから、人付き合いが苦手で友達も少ないほうでした。 英語だけは堪能でしたので、短大卒業後就職しました。 しかし、単純ミスが多発し解雇。以降転職を繰り返していました。 既婚後、地元を離れてなれない土地での生活でストレスが溜まり、 毎日寂しく過ごされていました。 【症状】 独り言や不眠・うつ病と思われる症状が増え、 15年前から薬を服用していたが、病状 続きを読む

うつ病・パニック障害・不安うつ病

【相談者の状況】 病気が原因で、なかなか人と接するような仕事は長続きできませんでした。 製造業で一人で作業をする仕事を続けていましたが、 会社がその事業をやめて、本人も仕事を辞める事になりました。 既に年齢が50歳程度で人と接触をする事ができない為、仕事をする事ができず、 障害年金を受け取れないか相談にこられました。 【症状】 薬を飲んでいる為かも知れないが、集中力がありませ 続きを読む

広汎性発達障害(成人アスペルガー症候群疑い)

【相談者の状況】 市内在住50代女性 ご本人様から電話でご相談があり、後日無料相談会にご参加いただきました。 相談当初から一貫してご本人様は「自分はうつ病ではなく、アスペルガーなんです。友人はほとんどいない。就職しても全て短期間で解雇された。病院で話してもアスペルガーだと理解してくれない医師が多い。」と話されていました。 子供の頃から社会性が欠如し、周りと上手くコミュニケーションが 続きを読む

注意欠如多動性障害(ADHD)

【相談者の状況】 別府市内在住の20代の方 ご本人様のお母様からまずお電話でご相談を受け、後日無料ご相談会にご参加いただきました。 【症状】 最初のお電話から数日後に、ご本人様とお母様が事務所に来所され、所長の堀がお話を伺ったところ、幼少の頃から他の子どもがしないような変わった行動が多々見られたとのこと。 「計算ミスが多い。」「漢字が記憶できない。」「時間の感覚がルーズで、時間厳 続きを読む

情緒不安定性人格障害

Hさんの母は、長年つづけてきたパートと家庭の両方で、常に働きまわっていたそうです。10年前から、感情の起伏が激しくなったり、衝動的な行動が増え、とうとう家族以外の人と話すことにも度々恐怖心を見せるようになり、Hさんが精神病院へ連れて行き、通うことになりました。 精神病院では情緒不安定性人格障害と診断されました。診断書をもらうにしても、 症状の起伏が激しいために症状が見えづらく、担当の医者も苦 続きを読む

フリーワード検索

病名で検索

クイックタグから受給事例を探す