MENU

精神疾患 一覧

統合失調症で障害基礎年金2級を決定した事例

傷病名 結果 経路 統合失調症 障害基礎年金2級 紹介 相談支援専門員からの紹介。10代の頃から統合失調症を患い、治療を続けている女性であった。以前から障害年金の制度のことは知っていたが、父親が制度について誤解をしており、そのせいであえて障害年金を請求していなかった。そこで、日本の年金制度を簡単に説明し、障害年金を請求しても何も問題はないことを理解しても 続きを読む

軽度精神発達遅滞、アスペルガー障害で障害基礎年金2級を決定した事例

傷病名 結果 経路 軽度精神発達遅滞、アスペルガー障害 障害基礎年金2級(遡りの認定日請求) ホームページ 高校まで普通学級で過ごしたものの、就職をしたが、仕事の覚えが悪く、定職には就けなかった。また、他人との付き合い方が苦手で、いつも人間関係で悩んでいた。20歳過ぎてから、知能テスト等を受け、軽度精神発達遅滞とアスペルガー障害と診断された。そこで、専門 続きを読む

発達障害で障害厚生年金3級を決定した事例

傷病名 結果 経路 発達障害 障害厚生年金3級 ホームページ 配偶者からの相談であった。休職と復職を繰り返して、傷病手当金の受給も終了していた。(親の介護で時間的な制約がある中で)自分のパートの収入だけでは経済的に厳しいということで、障害年金の相談に来られた。主治医とのコミュニケーション不足もあり、診断書は請求者の実態よりも明らかに軽く書かれていた。そこ 続きを読む

二分脊椎、知的障害、発達障害で障害基礎年金2級(20歳前)を決定した事例

傷病名 結果 経路 二分脊椎、知的障害、発達障害 障害基礎年金2級(20歳前) ホームページ 母親からの相談であった。運動障害(下肢の麻痺や歩行障害)、感覚障害、膀胱直腸障害があり、普通に就労するのは困難な状態。知的障害や発達障害もあり、精神科へも受診していた。神経内科と精神科の両方で診断書を作成してもらい、それぞれの病歴・就労状況等申立書を作成した。総 続きを読む

うつ病で障害厚生年金3級を決定した事例

傷病名 結果 経路 うつ病 障害厚生年金3級 ホームページ (相談時)まだ会社に籍はあるものの、休職中で、それまでに休職と復職をもう複数回繰り返している状態であった。病気の影響で車の運転は、主治医から禁止されていたが、居住地と当事務所が遠く、家族も近くに居ないので、来所は困難であり、新型コロナウイルス流行のこともあったので、電話やメールで詳細を聞き取り、 続きを読む

統合失調症で障害基礎年金2級(遡りの認定日請求)を決定した事例

傷病名 結果 経路 統合失調症 障害基礎年金2級(遡りの認定日請求) ホームページ 相談支援専門員が大分障害年金相談センターのホームページを見て、請求者と共に相談に来られた。障害認定日は、約3年くらい前であった。相談員自身も障害年金の知識はそれほど多くなく、ましてや、精神疾患の治療中の上に、両親の助けを借りてシングルマザーとしてまだ小さな子供を抱える請求 続きを読む

うつ病とパーキンソン病で障害厚生年金2級(事後重症請求)を決定した事例

傷病名 結果 経路 うつ病とパーキンソン病 障害厚生年金2級(事後重症請求) ホームページ 元々うつ病で職を転々としていた請求者であったが、2年ほど前からパーキンソン病と診断され、いよいよ仕事ができなくなった。まだ18歳未満のお子さんが2人いて、妻が経済面も含め必死に生活を支えていた。しかし、この状況では障害年金の請求手続きをするのは不可能と思い、大分障 続きを読む

広汎性発達障害で障害厚生年金3級(事後重症請求)を決定した事例 

傷病名 結果 経路 広汎性発達障害 障害厚生年金3級(事後重症請求) ホームページ ホームページ経由で相談に来た。現在も働いてはいるが休職と復職を繰り返しているとのこと。際どいケースではあったが、病歴・就労状況等申立書で仕事上での困りごとを細かく記載。結果的には、3級になった。金銭的な余裕が少しできたことで、気持ちが晴れやかになり、仕事へのモチベーション 続きを読む

自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級(認定日)を決定した事例

傷病名 結果 経路 自閉症スペクトラム障害 障害基礎年金2級(認定日) 紹介(以前うちが申請した人から 以前うちで障害年金を請求した人が子供のことで相談に来た。母親が主体となり息子の障害年金を請求したが、不支給になったとのこと。診断書の中身に少し実態と解離があったので、当センターと主治医で相談して、(主治医が)再度本人と母親に聞き取りをした上で診断書を作 続きを読む

軽度精神発達遅滞で障害基礎年金2級(認定日)を決定した事例 

傷病名 結果 経路 軽度精神発達遅滞 障害基礎年金2級(認定日) 紹介(付き合いのある相談支援専門員から) 付き合いのある相談支援専門員の個人的な知人(請求者の母親)ということで相談に来た。母親が主体となり娘の障害年金を請求したが、不支給になったとのこと。診断書に問題は無かったが、病歴・就労状況等申立書が明らかに不十分であったので、診断書は内容はほぼ何も 続きを読む

フリーワード検索

病名で検索

クイックタグから受給事例を探す