MENU

肢体の障害 一覧

変形性股関節症(人工関節)

【相談者】 大分市在住の50代女性 【傷病名】 変形性股関節症(人工関節) 【相談者の状況】 ご本人様からお電話でご相談を受け、後日無料ご相談会にご参加いただいた。 平成24年9月に人工関節置換術を受けられたとのこと。 ここで、ポイントだったのは初診日が平成24年4月であったことである。 障害年金は、初診日から1年6ヶ月を経過しないと原則請求できない 続きを読む

筋ジストロフィー

【相談者者】 大分市在住の60代男性 【相談者の状況】 特定疾患医療費にかかる受給資格の認定を受けた際に保健所の人から「障害年金」の話を聞き、インターネットで検索していたら当センターのホームページを見つけ、お電話にてお問い合わせがあった。平日はご本人様が仕事で来られないということだったので、土曜日の午前中に夫婦で事務所にご相談に来られた。 若い頃から筋力の低下が気になっていたが、痛みが 続きを読む

線維筋痛症

【相談者者】 別府市在住の40代男性 【相談者の状況】 現在掛かっている病院の医療ソーシャルワーカーを通じて当センターに相談の連絡が入り、その病院に所長の堀が足を運び、面談となった。 関節、筋肉、腱など身体の広範な部位に慢性の「痛み」と「こわばり」が見られ、強い倦怠感を訴えられた。 表情は暗く、声も小さかった。鎮痛剤を大量に服用しながら何とか働いているが、「痛み」と「こわばり」で 続きを読む

先天性両足股関節脱臼

【相談者の状況】 相談にこられた時には、おそらく病気が原因だと思われますが、 高齢になり、体力の衰えるスピードは健常者よりも早い為、 仕事を思うようにできなくなっていました。 老齢年金を支払うお金が無い為、 障害年金を請求できないか検討されておりました。 両足股関節脱臼の発病は62年前で、本人が5、6歳の時に、 親が肢体不自由児施設に連れて行き、治療をして、帰られたそうです。 続きを読む

関節リウマチ

【相談者の状況】 大分市内在住の40代女性 ご本人様からお電話でご相談を受け、後日無料ご相談会にご参加いただいた。数年前より手指のこわばりを感じ始めた。徐々に手指・手首・膝・足首に腫れと痛みが出現。腫れと痛みが強くて、長時間働く自信が無い為、現在は働いていないとのこと。 【症状】 発病当時は働いていたが、痛みで仕事に支障が出てきた。特に朝の手指のこわばりがひどく、車通勤であったことから 続きを読む

フリーワード検索

病名で検索

クイックタグから受給事例を探す