MENU

難病による受給事例

医師は年金の専門家ではありません。

また、障害年金用の診断書の作成の訓練や指導を受けているわけでもありません。
その為、ご本人様の実態を正確に表さず、障害年金の請求をする上では不利な診断書が出来上がってしまうことがよくあります。

障害年金の審査において、医師の診断書は等級を決める非常に重要な物である。障害年金を受け
られる診断書作成依頼にもポイントがいくつもあります。当センターはそのポイントを熟知しております!

主治医に診断書を依頼する前と診断書が出来上がって年金事務所に提出する前の最低2回
年金の専門家である社会保険労務士に相談して助言をもらうことをお勧めします。

障害の状態は障害年金を受給できるレベルなのに実態を正確に表現していない不利な診断書を提出して障害年金がもらえなくなったり、
本来の等級より下の等級になってしまうという事態を防ぐ為に、

障害年金の診断書を熟知した大分障害年金相談センターに是非ご相談ください!

 

潰瘍性大腸炎
パーキンソン病
脊髄小脳変性症

「難病による受給事例」の関連記事はこちら

お気軽にお問い合わせください
障害年金無料診断キャンペーン
お客様の声