MENU

統合失調症で障害厚生年金3級に認定されたケース

【相談者の状況】

大分市在住の20代女性

ご本人様からお電話でご相談を受け、所長の堀が対応。話を伺うと、数年前から幻視や幻聴が出現し、将来に対する強い不安感から希死念慮を抱くようになり、統合失調症と診断されているとのこと。何とか仕事は続けているが、それも限界に近いと憔悴した様子であった。

ちょうどお電話を頂いた数週間前に初診日から1年6ヶ月経過して障害認定日が到来していたので、受任することになった。

【相談センターの対応】

初診日から現在に至るまで一貫して同じ病院にのみ受診しているということで、受診状況等証明書は必要無く、現在の診断書だけが必要であったので、白紙の診断書をご本人様に郵送した。
ご本人様から診断書が完成したとの報告があり、その診断書を持って事務所に来ていただいた。その時にヒヤリングも行った。
早急に病歴・就労状況等証明書を作成し、最初の面談兼ヒヤリングから2日で年金事務所に提出した。

【病名】

統合失調症

【結果】

無事に、障害厚生年金3級に認定された。当センターの迅速な対応が功を奏し、受任から支給決定までが通常より時間的に短かったので、ご本人様も大変満足されたようだ。

大分障害年金相談センターから皆様へ

障害年金の請求手続きは、病院とのやり取りも多く、病歴・就労状況等申立書の作成などもあり、非常に手間と時間が掛かります。大分障害年金相談センターは可能な範囲で病院とのやり取りも代行し、ヒヤリングをさせて頂いた上で病歴・就労状況等申立書をすぐに作成。受任してから出来る限り早く書類を年金事務所に提出するように常に心がけております。障害年金の請求手続きに関しては、非常に煩雑です。また、ケースによっては、難解な請求方法を選択しないといけないこともあります。必ず、専門的な知識や知恵が必要になります。

個人でやると失敗に終わる可能性もあります。まずは、大分障害年金相談センターにご相談ください!

 

 

「統合失調症で障害厚生年金3級に認定されたケース」の関連記事はこちら

お気軽にお問い合わせください
障害年金無料診断キャンペーン
お客様の声